オルソケラトロジーについて |旭川で眼科・白内障・緑内障なら山田眼科

オルソケラトロジーについて寝てる時につけて、起きたらはずす。
裸眼で暮らす喜びを

オルソケラトロジーって何?

メガネやコンタクトの煩わしさから開放されたい 日常生活でのメガネ、コンタクトレンズ装用は、時として不便を 感じるものです。メガネをかけることの煩わしさや、「眼にゴロゴロと異物感を感じる」「夕方になるとどうも眼が乾く」 といったコンタクトレンズの不快感から解放されたい方におすすめです。

スポーツを快適に楽しみたいスポーツ中にメガネは無理だし、ホコリで眼が痛くなる、眼が乾く など、従来のコンタクトレンズにも不便はあります。「オルソ-K」はスポーツをストレスフリーで楽しみたい方、とくに動きの激しいスポーツや、水泳、サーフィンなどの水中スポーツを楽しむ方におすすめです。

レーシックなどの屈折矯正手術に抵抗がある手術によって視力を改善する、レーシックなどの屈折矯正手術に対して踏み切れない方も多いのでは?一度手術をしたら眼を元の状態に戻すことはできません。
「オルソ-K」は手術ではありませんし、装用をストップすれば、一定期間の後、角膜は元の状態に戻ります。

すべて、オルソケラトロジーで解消しましょう。

オルソケラトロジーは、アメリカにおいて2002年に初めてFDA(米国食品医薬局)に認証された新しい 近視矯正法で、現在では世界各国で実施されています。オルソケラトロジーで用いるレンズは、内側に特殊 なデザインが施された、高酸素浸透性のハードコンタクトレンズです。

就寝中に装着して角膜の形状をやや平らに変化させて、近視を矯正します。起床後にレンズをはずしても角 膜の形状は維持されるので、日中裸眼のままでクリアな視界が得られます。

「寝てる時につけて、起きたらはずす」

オルソケラトロジー用レンズ=「オルソ-K」は日中裸眼のままで快適に過ごすための新しい近視矯正法です。 取り扱い方法は従来のハードコンタクトレンズとほぼ同じ。メンテナンスにとくに面倒な手間はかかりません。

「オルソ-K」は、4つの主要なカーブから構成される特殊なデザインの酸素浸透性の高いハーコンタクトレンズ です。中央のベースカーブは角膜の前面を押さえ、やや平坦化させ、視力補正を行う役割をします。

アライメントカーブはレンズを眼の中央に安定させる役割をし、リバースカーブはベースカーブとアライメント カーブの圧力を調整します。周辺のペリフェラルカーブは涙の交換を促しレンズをスムーズにはずせるようにす る役割をします。

オルソ-Kによる矯正のメカニズム-

眼は入ってきた光を角膜と水晶体で屈折させて、網膜上で焦点を合わせることで 像として捉えます。近視の場合は、この焦点が網膜より手前で結ばれているため に像がぼやけて見えます。

「オルソ-K」を就寝時に装着することにより、角膜前面の形状が平坦化され焦点が 網膜上で結ばれ、近視が矯正されます。

「オルソ-K」によって平坦化された角膜前面は、レンズをはずしても一定時間形状を 保つことができるため、日中は十分な裸眼視力が維持されます。