ed勃起障害の予防方法と心理バランス維持

ED勃起障害(いんぼてんつ)の予防方法は、身体と心理の正常なバランスを維持すること、身体的に負担のかかる日常習慣を送らないこと、精神的なプレッシャーをため込まないこと、この2つの軸を意識しましょう。

ED勃起障害と飲食関係

皮下脂肪が大量に蓄積した状態、いわゆる肥満になった状態が続くと、男性ホルモンの分泌を阻害し、ED勃起障害(いんぼてんつを引き起こしやすくなると言われています。そうならないために、日常的に摂取する食べ物には注意しなければなりません。脂肪の多い食事を避け、糖分は控えめに、主菜と副菜のバランスが良い食事を心がけましょう。血管障害を引き起こしやすいコレステロールを多く含む肉類を避けることも大切です。

肉類を食べることで補給していたタンパク質は魚や、大豆製品などを摂取することでシフトさせましょう。なにより食べ過ぎないこと。これが大切で、総カロリーを抑えることが、コレステロール値、中性脂肪値を自然に下げることにつながります。未来の性欲を充足させるために、今の食欲を抑える。そう考えれば安いものだと思います。

ED勃起障害と精神的プレッシャー

心のケアはプレッシャーが大きくかかわってきます。勃起と関係ない仕事や家庭のプレッシャーもそうですし、性交におけるプレッシャーもそうです。前者のプレッシャーは間接的に自分の精神をむしばんでいく性質を持っています。なにより精神的に追い詰められて、心にゆとりがなくなってしまう事態を避けましょう。そのためにはプレッシャーのはけ口をうまく見つける、プレッシャーを受け流す、この2点を意識することが大切です。

性交時のプレッシャーはたとえば、いざ挿入する段階で萎えてしまったり、入れている途中で中折れするなどのケースを経験した場合、そのことに対して考えすぎず、「たまたま調子が悪かった」「偶然に過ぎない」と心の中で処理し、なるべく忘れることです。切り替えが大切です。もしかしたらパートナーに咎めるようなことを言われるかもしれませんが、「いやいや、何言ってんだ?俺だけの問題じゃないだろ?"起たぬなら、起たせてみろよ、ホトトギス"」とか冗談めかしながら、笑い話にしましょう。深刻に考えすぎない、これ大切。


ED勃起障害について

ED(勃起障害)とは、勃起が起こらないケースはもちろんのこと、硬さが不十分、勃起状態が維持できないなど、満足な性交が行えるだけの勃起が得られない状態を指します。


たまにできるのはEDではない?


もしかしたら、軽度から中等度のEDかもしれません。もし、完全に勃起しなくなったとしたら、それはかなり重度のEDであり、そのような症例はあまり多くないのが実状です。ぜひ一度、医師にご相談されてみてはいかがでしょうか。ED治療については、「たまに勃起しないことがある」、「勃起できるか不安になる」などご本人が勃起に満足を感じられない場合も、十分にEDの治療対象となり得ます。


ストレスのせいだから、やがて治る?


仕事や人間関係のプレッシャー、時間に追われる、疲れているなど、日常生活で多くのストレスを抱える日本人男性は、「自分がEDになったのはストレスのせいだ!」と考えてしまう傾向があるようです。確かにEDには心因性のものがありますが、50代以上では、多くの場合動脈硬化が原因となっている混合型EDも多いため、自己判断で「いつか治る」と放っておくのは、あまり得策ではありません。まずは気軽に医師に相談してはいかがでしょうか。


EDはその原因により、大きく分けて3つのタイプがあります。


50歳代以上に多い、血管や神経の障害で起こるED(器質性ED)

30歳代、40歳代に多い、精神的ストレスで起こるED(心因性ED)

50歳代、60歳代に多い、血管や神経の障害 と 精神的ストレスが混じったED(混合型ED)

  

動脈硬化の進行や神経に障害がある場合(器質性ED)・・・50歳代に多い


加齢に伴うものであれば、特に動脈硬化(血管が硬くなる症状)が原因と考えられます。動脈硬化になると血管が十分に拡がらないばかりか、血液の循環が悪くなります。そのため、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まず、EDが起こりやすくなります。糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病の人では、血管に大きな負担がかかるために、しばしば動脈硬化が進行していることがあります。そのため、結果としてEDが起こりやすくなります。また、喫煙や過度の飲酒も同様の理由から、EDを引き起こす原因と考えられています。その他、神経が傷害される病気(脳出血、脳腫瘍、脳外傷、脊髄損傷、パーキンソン病、アルツハイマー病など)、陰茎海面体の血管や神経を損傷するような手術・外傷、一部の泌尿器系の病気でもEDが起こりやすくなります。

動脈硬化の進行や神経に障害がある場合(器質性ED)・・・50歳代に多い


精神的なストレスがある場合(心因性ED)・・・30歳代、40歳代に多い


精神的なストレスがあると、神経の性的な興奮がうまくペニスに伝わらないために、EDが起こりやすくなります。このEDを心因性EDといい、その原因は実にさまざまです。仕事や夫婦関係など日常生活におけるストレスが原因となることもあれば、性交がたまたまうまくいかなかったことよるトラウマが原因となることもあります。このタイプのEDでは、「また失敗するのではないか」という不安が大きなストレスとなり、EDを悪化させることもしばしばです。

精神的なストレスがある場合


動脈硬化の進行や神経に障害があり


精神的案ストレスがある場合(混合型ED)・・・50歳代、60歳代に多いEDの現状をみると、ストレスだけが原因、あるいは動脈硬化の進行や神経に障害があるだけが原因ということは少なく、どちらの要素も合わさった混合型EDが多いと考えられています。特に、糖尿病や高血圧、外傷などに精神的な要素が加わってEDになっていることが多いといわれています。

年齢の関係


ED治療薬品

 Cialis シアリス20mg4錠 最強ED改善薬人気通販

Cialis シアリス20mg4錠 最強ED改善薬人気通販

シアリス20mg4錠はアメリカで開発され、2007年、日本で許可されたED治療薬です。シアリスは日本で販売始める時、すぐ人気のED治療薬の地位を確立 しました。他の薬と違うシアリス20mgの特徴は、持続時間が長く約36時間も効果が作用します。このメッリトで、シアリスは疑いの余地がない最強なED 治療薬と呼ばれています。十分な性愛の快感を楽しめたいなら、シアリス20mgを一見に値します!

タダライズ40mg・10錠×3箱 人気ED治療薬シアリスのジェネリック医薬品

タダライズ40mg・10錠×3箱 人気ED治療薬シアリスのジェネリック医薬品

タダライズは、サンライズレメディ社が開発したシアリスのジェネリック医薬品で、勃起不全(ED)の治療薬です。 主成分タダラフィルが陰茎の勃起を止めるPDE-5という酵素を阻害します。これにより陰茎周辺部の血管を拡張させ、血流量を増やすことで勃起を促します。タダライズは、先発薬のシアリスと同じ主成分、同様の効果効能でありながら比較的安価に入手できることから、人気の高い医薬品です。

タダポックス20mg ・10錠  効果が強い早漏防止治療薬

タダポックス20mg ・10錠  効果が強い早漏防止治療薬

タダポックスの主成分の一つタダラフィル、こちらはバイアグラと同じく世界的に有名な勃起不全用ED治療薬シアリスに含まれている主成分と同じです。またタダポックスのもう一つの成分であるダポキセチンは気分を安定させる作用があり、性交渉中に異常に興奮した男性の脳を落ち着かせ、射精を行うまでの時間を延ばす事ができます。




ED治療薬の副作用
ED治療薬の効き目
タダライズの効果
スーパータダライズの服用法
シアリスとバイアグラの比較
シアリスの体験談
シアリスのロコミ
シアリスの個人輸入
シアリスとは
シアリスの有効成分
シアリスの効果・効能
シアリスの副作用
シアリスの処方について
シアリス服用の注意点
シアリスの偽物に注意
シアリスの併用禁忌薬
シアリスの特徴
シアリスの添付文書
シアリスの使用期限
シアリスと飲食の関係
シアリスの特性紹介、アルコールでも大丈夫!